トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

豆腐屋のあった時代

窓の外から、とっても懐かしい音が聞こえてきた。
豆腐屋のラッパの音。

この音を聞いてイメージしたこと…子どもの頃に家の周りで遊んでお腹が空いてきた頃のこと、周りの家で夕食をつくっている匂いと換気扇の音、ほのかに紅く染まった空と雲、1日の終わりへと向かっていく雰囲気…

豆腐、好きなんですよ。「豆腐料理の専門店に一緒に行こう!」なんて誘われたら、喜んで付いていきます!味噌汁に豆腐が入っていると嬉しいし、鍋料理の豆腐もたくさん入っていると喜びます。麻婆豆腐は大好物の1つ。中華風豆腐のあんかけも大好き♪それから豆腐のステーキや豆腐チーズなど。「今年は純豆腐(スンドゥブ)チゲが流行」なんて雑誌に書いてあるのを見て「今頃そんなこと言ってるー」なんて思ったりもしたっけ。

そう、昔は「豆腐屋」なるものがありましたよね。僕の家のすぐ近くにもありました。意外と最近まで。お店はDPEも兼務していました。この店で油揚げが、さもおいしそうに匂っていた記憶は鮮明です。残念ながら時代の流れには勝てず、数年前にシャッターを閉じてしまいました。

そしたらさっき、窓の外からラッパの音が。リヤカー引いて豆腐屋さんがやってきました。雨がそぼ降る中を…

「古きよき時代」という言葉があります。別に「古いことが良くて今がダメ」という風には僕個人全然思いません。またその逆に「古臭いことなんかもう時代に合わないからやめちゃおう」とも思いません。でも、僕の中で子ども時代を謳歌した80年代後半は、今思い出しても何かワクワクする、そんな時代でした。子どもながらにバブルの時代の浮ついた雰囲気を感じ取っていたのか、或いは単純にその頃見るものが何でも新鮮に見えたのか、それは分かりませんが。

今年に入って、先に書いた「えんがわ」のような、昭和30年代を思わせるような試みが各地で行われています。やはり「ALWAYS-3丁目の夕日-」のヒットが大きいのでしょうか。僕の友人が勤めている神奈川県三浦市でも同様の地域振興イベントが行われましたし、大阪心斎橋の百貨店では、昔の町並みを再現した売り場づくりがなされるなど、こうした「昔懐かしき」といったことが現在多くの人のココロを捉えているようです。

昔も今も、いいものはたくさんあります。上のような取り組みも、ただ懐かしいというだけでなく、昔のことを上手く現代に調和させている点が、懐かしさだけでなく昔を知らない人にとっても新鮮さを与えて共感を得ているような気がします。

人やモノ・カネの移動するスピードが、20年前に比べ飛躍的に速くなった2006年現代。でも時にちょっと羽を休めて、ゆっくりしながらいろんなことに感性を研ぎ澄ませて見る時間も大切にしたいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

NPO活動とパソコンの素敵な関係?

NPOに関わって、パソコンとお付き合いすることがめっきり多くなったこの頃。
団体間のメールのやり取りも多いし、WORD、EXCELやPower PointやPhotoshopなどのアプリケーションの使用頻度も高い。僕もほぼ毎日ノートパソコンを持ち歩いて、時間がない時には移動中にメールの文章をストックしたり、資料を作ったりしています。こうした情報機器が世に放たれて便利になったけど、裏を返せば移動時間も労働時間となることに…
(30分くらい連続して電車に乗っていることが多いから、寝ていることも多いけどね)

初めてパソコンに触れたのはいつだったっけ?子どもの頃アメリカに住んでいたとき、小学校の教室の片隅にMacが置いてあった。また、中学校では放課後にゲーム感覚でタイピングをするクラブ活動のようなもの(アメリカではいわゆる部活動に相当するものは学校で盛んではないので)があって、その時にキーボードに触ったことがあったけれど、現在普段使っているような形でWindowsに触れたのは大学に入ってから。ただ、それ以前にワープロを使ったりしていたから、気が付いたらパソコンに親しんでいた…って感じかな?

最近はいろんなところでパソコンがらみの相談を受けます。「まずは電源を入れて…」というところから、「実はこれってレジストリいじんなきゃいけないようなコト?」というところまで、実に幅が広い。
よく考えたら、パソコンは機種によって電源の入れ方も全然違う。デスクトップ機に多いボタンを押すようなタイプのものは比較的分かりやすいけど、ノートPCは機種によって実にさまざま。FUJITSUのノートPCで、ラップトップを開いたところにあるボタンを押しても全然反応がなく、え、これじゃないの?」と思っていたら、そのボタンを有効にする別の電源管理システム(ミュージックプレイヤーの「HOLD」スイッチみたいなもの)があって、「PCにもそんなのあるんだー」なんて思ったことも。
「それ、ちゃんとマニュアルみなよ」ってツッコミありそうだよね?うん、確かにそうなんだけど、中古とかオークションでPC買うとマニュアルも付いてなくて~なんて言い訳してみたり(^_^;)

パソコンについて学ばなきゃいけないことは山ほどあるけれど、パソコンはやっぱりいろいろ試行錯誤して、機能を「使ってみる」ことで覚えていくんだなーって、使い始めて8年くらいたった今、改めてそう思う。ちょっとした勇気が道を切り拓いてゆくんだな、と。

…そうそう、パソコンとは全っ然関係ないけど、勇気といえばトリノでのミキティ4回転サルコウへの挑戦。結果的に失敗しちゃったけど、大幅減点のリスクがあるにも関わらず4回転にこだわって、それを披露することに挑戦した彼女の勇気は本当に感動的だった。ケガもあったし泣きたいこともいっぱいあって、それでも自分をオリンピックの銀幕で表現することにこだわったミキティ。荒川選手の金も良かったけど、それ以上にとても素敵だったよ!「本当におつかれさま、そしてありがとう!」とメッセージを送りたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

えんがわ in ちょうふ

Dscf0040 今、調布には期間限定で「えんがわ」が出現しています。

…「えんがわ」って言っても、若い人だとイメージが沸かないかも知れませんね。寿司ネタの「えんがわ」を思い浮かべる人の方が多いのかな?かくいう僕もえんがわに囲まれて育った訳ではありません。田舎の方の家にそれらしきものがあったかな?というくらいで。

今年のお正月に上映されてヒットした映画「ALWAYS-3丁目の夕日-」。昭和33年、えんがわで人がつながっていたころの風景を描いた映画です。僕も先日新宿でこの映画を見てきました。この映画を見た後新宿の街を歩いていたら、何だかタイムスリップでもしたのかな?という錯覚を覚えたほど、時代は流れてきたのだなーと感じました。一方で人と人とのつながりが希薄になってきたというのはよく言われることで、この映画がヒットしたのも、そうした思いを持つ人の間で共感できるような内容だったからなのかな?と思います。

さて、冒頭の「調布の『えんがわ』」に話を向けますが…

この「えんがわ」は、僕がスタッフを務める調布市の「市民活動支援センター」という施設の中にあります。
(
http://chofu.town-info.com/npo-center/ )
「市民活動支援センター」は、京王線の国領という駅を降りて目の前にある「市民プラザあくろす」というビルの2階にあります。

なぜこんなトコにえんがわがあるのかとゆーと…

2月にめでたくオープン1周年を迎えたこの「市民活動視支援センター」では、去る2月4日と5日に「えんがわフェスタ2006」という1周年記念イベントを開催しました。
このセンターのキャッチフレーズは「まちのえんがわになりたい」。昭和30年の頃には戻れないけれど、えんがわに集まってひとがつながっていたあの頃のように、いろんな人が集まって一緒に地域に住まう、知恵を交換しあってより豊かな生活を営むことが出来たら、そんなお手伝いが出来たらという思いでやっています。この「えんがわフェスタ」では、昭和30年代の町並みを再現し、人と人のつながりを考えるワークショップやパネルディスカッション、国際協力団体によるフリーマーケットや縁日、更には縁台将棋大会なんて企画も催されました v(^o^)v

将棋、僕が小学校の時にミョーにはやって、自分で将棋版作っちゃったりしましたね、ボール紙で。ただし、この将棋版にはちょっと細工がしてあって、普通駒の裏に何も書いてないハズの王将の裏に「女王」とか書いて、チェスのクィーンの機能を持つ駒を勝手に作っちゃったこともあったっけ?(これぞまさに性転換?)

ちょっと懐かし気分に浸れるフェスタだったのですが、フェスタが終わった後もこのえんがわ、しばらく飾っておくことになったんです。しかも、このえんがわの上でミーティングや会議をやってもOK!ぜひぜひ、この機会に調布まで足を運んでみてくださいね。

そうそう、普段この「市民活動支援センター」では、無料でスペースを貸し出したり、パソコンの利用もできますよー。P1010593

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

ようこそ「ひびのぶろぐ2」へ!

皆さんこんにちは、日比野 勲です。

すっかりブログも市民権を得て、猫も杓子もブログをやってる時代になりましたね。僕自身もブログはやっていたのですが、このたび「ひびのぶろぐ2」としてリニューアルすることになりました v(^o^)v

そもそもブログなるものを知ったのは1年前に東京ボランティア・市民活動センターとマイクロソフト社が主催した「市民活動団体のためのホームページ講座」に参加したことがきっかけ。個人的には、HTMLとか余り使わないでお手軽にウェブサイト作れるようになりたいなーと思って参加したのですが、そこで出会ったのがブログ。

「ん?これってほーむぺーじ?」

普通のウェブサイトとブログの違いが分かったような、よく分からないような…講座が終わった後の率直な感想。でも、こうやって今ブログをやってるんだから、まっいいか!

…そんな訳で、リニューアルしたこの「ひびのぶろぐ2」では、普段NPO・ボランティア活動の分野で活動しているわたくし、日比野が活動の中で思ったことや、活動の外で感じたことをきまませきららに、日々綴っていこうと思ってます。

「ひびのぶろぐ」というネーミングは、僕の名前である「日比野」と、「日々の(毎日の)」というのをかけているのですが、そんなこと言って以前運営していたブログは全っ然更新されないシロモノだったので…(^^;) 今度こそ皆さんにとって「日々の」ブログになるように楽しんで綴っていきたいと思ってまーす!

ぜひぜひ読者の皆さんとの双方向コミュニケーションツールに出来たらと思っていますので、是非是非コメントなりトラバなりに使ってやってくださいまし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »