« 2006年9月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年10月26日 (木)

Happy Halloween!

もうすぐ10月31日、ハローウィンですね。
最近ではデパートとかお菓子売り場にはカボチャがたくさんあって、日本でもすっかり「ハローウィン」という言葉とカボチャは定着してきた感があります。

ところで皆さんはハローウィン、やったことあります?

僕はアメリカに住んでいた頃にやりました。でも、仮装したのは1回だけ。何か「子どもっぽい」みたいな、思春期特有の(?)強がりみたいなものがあって、中1と中2の時には仮装しなかったんですよ。もっとも中2のとき、最後のアメリカでのハローウィンでは仮装はしなかったけど街を練り歩きました。
ちなみに1回目にやったときは魔法使いに化けましたね。弟は忍者に化けてました。日本人で忍者に化ける人、結構いましたよ。
学校のESL(English as a Second Language=第2言語として英語を学ぶ人のための特別クラス)でもハローウィン向けの授業があって、Trick or Treat?」のフレーズや、カボチャの種を塩漬けにしてオーブンに焼いて食べる授業がありました。10月31日には学校行事としてハローウィンパレードとパーティー♪

やってみると結構面白いのですが、日本ではハローウィンの知名度こそ上がってきたものの、実際に街を練り歩くような行事はなかなかお目にかかれないのが残念なところです。代官山・恵比寿地域でやっているという話は聞いたことがありますが。
でも今回、千葉県は松戸市で、学生を中心としたNPOが本場さながらの「ハローウィン」に取り組みます。題して「かぼウィン」プロジェクト

ハローウィンは子どもたちが街を練り歩いて、お菓子を集める行事です。つまり、地域の信頼関係があって初めて成り立つものといえます。こうしたことから、最近薄れてきたという地域のつながりを再生するための、ささやかかも知れないけれど確かな取り組みとして、「ハローウィン」に注目したのは非常に興味深いものです。
この「かぼウィン」でも、小学生以下の子どもたちに中学生以上の大人がついて一緒に家を訪問しお菓子を集めてゆきます。

こうした楽しいイベントを通じて、自然に地域につながりが生まれてくれば、「つながりましょう!」って声をただ上げるだけよりも効果がありますし、何より防犯・防災意識の向上につながります「最近物騒な世の中」って言われていますが、だからこそこうしたイベントって意味を持つと思います。

是非多くの地域で「かぼウィン」のような取り組みが生まれ、ハローウィンを通じて自分たちの住むまち・地域のことを考えていくようになるといいですね。

---------------------------------

「かぼウィンプロジェクト」-ハローウィンで地域再生!-
10月29日()松戸で開催!(詳細は以下のURLを参照してください)

http://blog.livedoor.jp/hallo_pro/?blog_id=1603416

| | コメント (9) | トラックバック (5)

« 2006年9月 | トップページ | 2007年1月 »